ココットンは子供服・大人服・バッグなどの型紙オンラインショップです




ラウンドトート オーバーティアードスカート ポティロンパンツ ドロワーズ ギャザーバッグ 通園バッグ ティアードパンツ 園スモック



探してみよう♪
ネットショップランキング



ホーム裁断方法

初心者さん向けの裁断方法の説明です

生地を水通ししてアイロンをかけ、地の目を整えたらいよいよ裁断です

型紙に「わ」がある場合、生地の方向(型紙の矢印)に気を付けて生地を畳みます

ここでは生地の表が外側に来るように生地を縦半分に折り

その上に型紙を置いていきます

 

※生地の表と裏のどちらを外側にするかは特に決まっていませんが

生地の表を外側にした方が柄が見えるので私はそうする事が多いです

ファーなどの場合はモコモコしている面が内側に来るように畳む事もあります

 

写真のようなチェックの生地の場合上下の向きは気にしなくて良いので

型紙の上下も気にせずに型紙を配置して行きます

  

「わ」とは布を折った部分です

型紙に「わ」の記載があるものはここに合わせます

規則的なチェックやボーダー柄の布の場合上下の方向は気にしなくても良いですが

横の方向には気を付けなくてはなりません

下の×印の写真のように柄がずれていると縫い合わせた時にもずれたままになります

   

 

型紙の形や生地の幅によっては下のように

観音開きのように布を畳んだり

畳まずに1枚に広げたままで型紙を配置したり

色々とお試しください

また袖に関しては左右反転の物が1枚ずつ取れるようにします

※例えば生地の表側が上になるように生地を広げた場合

型紙の字が書かれている方が上になるように1枚裁断したら

もう1枚は型紙を裏にひっくり返して置き、裁断します

これを間違えると右袖が2枚取れてしまった・・・等と言う事になります

型紙の配置が終わったら裁断して行きます

裁断に慣れていない場合はマチ針で留めると安心です

※上の写真の場合身頃・ポケット・バイヤス布を裁断した後に

余った生地を縦半分に畳み直し、袖の型紙を乗せ直して裁断します

裁断する時は布と型紙を手で持ち上げたりしないで

床やテーブルなどにはさみの刃の下部分が付いたまま切って行くとスムーズに切れます

自分が動き回って裁断しましょう

ミシンをかける時の目安は色々ありますが

初心者の方ならチャコペーパーとルレットを使うのが安心です

チャコペーパーを布と布の間に挟んでルレットで印を付けます

柔らかいテーブルや床の上などで作業するとルレットの跡が残ってしまうので注意しましょう

ポケット付け位置にはとても便利です

型紙を外すと生地の表面に跡が付いています

生地の内側にはチャコペーパーの色が付いています

印をもっとハッキリと付けたい場合などは水で消えるチャコペンや

時間が経つと自然に消えるチャコペンなどで付けると便利です

 

縫いものに慣れて来ると出来上がり線に印を付けずに

「ノッチ」という切り込みを目安にして縫い合わせて行く事があります

縫い代付きの型紙の角などに書かれている2ミリほどの線です

型紙に「合印」と記載がある場合なども「ノッチ」を入れて下さい

くれぐれも切り過ぎに注意して下さい

このような工程を経て裁断終了です

 

 

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス